敏感肌 メイク落とし【モイストゲルクレンジングがオススメです】

  • LINEで送る

<目次>
・敏感肌 メイク落とし【モイストゲルクレンジングがオススメです】

・敏感肌 メイク落としはクリームタイプを選ぼう!

・ふき取りタイプのメイク落としは敏感肌にはよくない!

 

敏感肌 メイク落とし【モイストゲルクレンジングがオススメです】

敏感肌のメイク落としには「モイストゲルクレンジング」がオススメです。

 

「モイストゲルクレンジング」は、プルプルの極小こんにゃくスクラブや保湿成分だけで、メイクはもちろん、毛穴汚れやメラニンを含む古い角質もスッキリします。

 

99.3%美容液成分がバリア機能を守ってやさしく洗い上げるから、すすいだ後も潤いを逃がさず、ツルツルの透明肌にしてくれます。

 

保湿成分とこんにゃくスクラブがメイクも毛穴汚れも落とすからW洗顔は不要です。

 

まつげエクステにも使用していただけます。

 

こんにゃくスクラブとジェルで優しくマッサージすれば、血行を促進し、くすみゼロの透明感実感できます

 


美容液成分99.3%で驚きのクレンジング力!よく落ちるのにつっぱらない!!

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングは、1000名のアンケートによる「こんなクレンジングが欲しかった」をカタチにした、こんにゃくスクラブ配合の美容液クレンジングです。



モイストゲルクレンジング
公式サイトでは、お得なプレゼントを用意しています。
 詳しくはこちら>>

敏感肌 メイク落としはクリームタイプを選ぼう!

メイク落としは、油性の汚れであるメイクアップ料を落とすものです。

 

油性の汚れをまず油で浮かせ、さらに水で落としやすくするというのが、メイク落としの役目です。

 

そのためメイク落としには、浮かせるための油分と、さらに油と水の橋渡しをする物質、すなわち界面活性剤が入っています。

 

界面活性剤というと、なんとなく肌に悪いもののように思ってしまいますが、メイクをする以上は、それを使わないと落ちないのでしかたありません。

 

そのため、なるべく肌への負担が少ないメイク落としを選ぶことが非常に重要です。

 

現在主流になっているオイルタイプですが、これは強い界面活性剤を含んでいることが多いのです。

 

顔中にオイルを塗るわけですから、その中にかなりの界面活性剤を入れておかないと、水で落ちなくなってしまうからです。

 

オイルクレンジングというものは、かなり昔からありました。

 

どちらかというと舞台化粧のような、強いメイクを落とすためのものでした。

 

それを、落ちがいいからと、普通のメイクを落とすために毎日使っていると、肌があれてくるのは当然のことです。

 

また、肌のことよりも、落ちが早いものやシートタイプなど、手軽さで選んでしまってはいませんか?

 

どうしても肌に負担をかけるものだけに、もっと慎重に選びたいものです。

敏感肌の方は早めのメイク落としを心がける

メイクアップ料は油性であるため、肌に長時間のせておくと、皮脂と混ざり合い、そこにはこりゃ雑菌がついて、酸化し、過酸化脂質となります。

 

過酸化脂質が肌の上に残っていると、活性酸素を発生し、細胞にダメージを与えます。

 

つまり、肌の老化を引き起こす原因となるのです。

 

そこで、メイクは必要がなくなった時点で、できるだけ早く落としてしまうように習慣づけましょう。

 

寝る前のバスタイムまで延々とメイクをしたまま家で過ごしていませんか?

 

深夜帰宅したあと、そのままベッドヘ、ということも、ときにはありませんか?

 

どうしてもメイク落としをする気力が残っていないなら、せめて水で顔を洗っておくとか、おしぼり、できればホットタオルで顔をふいてから寝たほうがよいでしょう。

 

しかし、シートタイプのメイク落としは肌への刺激が強いため、あまりおすすめできません。

 

「メイクをしたまま寝ちやったら、朝、肌があれてしまって…」というのは、よく聞く話です。

 

確かに、メイクをしたまま寝るのは、肌にはとても悪いことです。

 

でも、肌あれの原因は本当にそれだけなのでしょうか。

 

メイク落としをする余裕もないほど遅くまで起きていたり、夜遊びしていたことのばうが、肌には影響しているのかもしれません。




美容液成分99.3%で驚きのクレンジング力!よく落ちるのにつっぱらない!!
リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングは、1000名のアンケートによる「こんなクレンジングが欲しかった」をカタチにした、こんにゃくスクラブ配合の美容液クレンジングです。 もっと詳しく知りたい方は…


  • LINEで送る