内臓脂肪を減らす 食事【手軽においしく食べられる救世主とは?】

  • LINEで送る

<目次>
・内臓脂肪を減らす 食事【マイタケの炊き込みご飯で内臓脂肪を減らす】

・内臓脂肪を減らす 食事【おいしいダイエット茶で内臓脂肪を減らす】

・内臓脂肪を減らす 食事【1日1食の玄米で内臓脂肪を落とす 】

・内臓脂肪を落とす方法に関連するYouTube動画紹介

内臓脂肪を減らす 食事【マイタケの炊き込みご飯で内臓脂肪を減らす】

マイタケには、インスリンの材料となるマグネシウムや亜鉛などのミネラルがたっぷり含まれています。

また、不溶性の食物繊維も多く、腸での糖の吸収をおだやかにして、効率よく血糖値を下げてくれます。

動物実験による興味深い研究結果もあります。

 

ラットを2つのグループに分け、一方には高コレステロールのエサとマイタケの成分「マイタケX-フラクション」を、もう一方にはふつうのエサを一定期間与えました。

 

その後、内臓脂肪のつきやすい心臓などをとり出して調べたところ、前者のグループは後者にくらべ、脂肪の沈着が少なかったのです。

 

このように、内臓脂肪が気になる人の救世主ともいえるマイタケですが、有効成分の多くは水溶性なので、洗わないで調理することをおすすめします。

 

おすすめなのは、マイタケの炊き込みごはん。

じっくりと時間をかけて、有効成分が抽出されるからです。

ダイエット中の主食に、ぜひとり入れてみてください。

また、内臓脂肪を落とすには、黒豆がオススメです。

内臓脂肪を減らす 食事【おいしいダイエット茶で内臓脂肪を減らす】

先程も言いましたが、内臓脂肪を落とすには、黒豆がオススメです。

黒豆には、アントシアニンという成分が含まれており、アントシアニンは内臓脂肪の予防に非常に効果があるのです。

アントシアニンは、脂肪の吸収を抑制し、内臓脂肪を溜まりにくくし、余分な脂肪を排出してくれる作用があるのです。

 

メタボが気になる方は、アントシアニンを豊富に含んだ黒豆茶をお試しください。

黒豆配合のダイエット茶でオススメなのが「メタボメ茶」です。

 

「メタボメ茶」は、静岡の老舗お茶屋が厳選した4種のスッキリ素材を配合しています。

また、独自の醗酵技術で飲みやすくまろやかな味わいに仕上げています。

 

「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」「脂質ゼロ」に加え、スッキリ、メラメラを応援する成分が入っていますので
まさに中年太り専用茶なのです!

 

「メタボメ茶」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>メタボメ茶を飲んでも効果がでない人はどんな人

内臓脂肪を減らす 食事【1日1食の玄米で内臓脂肪を落とす 】

やわらかくて白いごはん、いわゆる精白米は、ぬかや胚芽をとり除いてあります。

もみ殼を除いただけの玄米は、かたくて食べにくく、現代人には不人気です。

 

玄米に残っているぬかや胚芽には、ビタミンB1やB2・B6、葉酸などのビタミンB群がたっぷり合まれています。

このビタミンB群は、糖質や脂質を代謝するサイクルのなかで補酵素として作用し、代謝サイクルをスムーズに動かし、体の燃費をよくします。

 

またビタミンB群は、細胞の生まれ変わりを助け、生き生きとした肌や髪をつくるうえでとても重要です。

玄米には食物繊維が豊富に合まれています。

 

食物繊維は胃や腸に人った食べ物の余分な栄養素の吸収をゆるやかに抑え、ダイエットの敵である便秘も改善します。

さらに注目したいのは、フィチン酸という成分の働きです。

 

フィチン酸は満腹中枢に働きかけ、食欲を抑える効果が期待でき、強力な抗酸化作用から、ガン予防に役立つという研究報告もあります。

玄米ダイエットは、ふだんの食事の主食を玄米に置きかえるだけ。

 

1日3食のうちの1食を玄米にするだけでも、十分な効果が得られます。

初めは白米を半分まぜて炊いたり、5分づき程度に精米してもいいでしょう。

 

慣れるまではお腹がゆるくなることもありますが、よく噛んでゆっくり食べることで改善します。

内臓脂肪を落とす方法に関連するYouTube動画紹介!

効率良くお腹の脂肪を落とすにはどうしたらいいの??

内臓脂肪をなくす!簡単マッサージ

  • LINEで送る