白髪の黄ばみをとる方法を美容師が教えます!

  • LINEで送る

白髪の黄ばみは、髪の色素が抜けた状態です。

黄みがかっているのは、髪の色が抜けきっていないからです。

では、白髪が黄ばんだ時には、どういった処置をすればいいのでしょうか?

そこで、白髪の黄ばみをとる方法について美容師に聞きました。

 

<目次>
・白髪の黄ばみを取る方法!

・白髪の黄ばみの原因!

・染めるのをやめ白髪ヘアに移行していくには!

 

白髪の黄ばみを取る方法!

白髪の黄ばみを取るには、まだ髪に残っている色素をとることです。

 

髪に残っている色素をとるには、ブリーチで、髪の毛のメラニン色素を抜くことでです。

 

ブリーチは、髪の毛のメラニン色素を抜くためだけに作られたヘアカラー剤です。

 

しかし、ブリーチはそもそもダメージを前提とした薬なので、髪の毛や頭皮にはよくありません。

また、ブリーチしただけでは、綺麗に黄ばみは抜けません。

 

ブリーチした後に、薄紫色のヘアカラーをして、黄色味を消してホワイトになるのです。

ブリーチは、美容院でやってもらうことをおすすめしますが、しかし、多くのお店では、カラー料金と同じ程度費用がかかります。

それなら自分でブリーチしたいという方もおれれるでしょうが、セルフでブリーチするとコストは安いですが、色ムラができやすいです。

 

また、ブリーチはとても危険性のある薬剤なので、セルフで行う場合は目に入らないように、そして頭皮の状態に最新の注意をしなければなりません。

 

ですから、ブリーチはセルフでやらず、美容院でやってもらうことをおすすめします。

 

白髪の黄ばみを取るのは大変だと思われる方は、ヘアカラートリートメントをおすすめします。

ヘアカラートリートは、毎日少しづつ染まっていくので、周りに気付かれにくく、自然な髪色へと導いてくれます。

 

おすすめのヘアカラートリートはこちら→ガゴメ昆布から抽出した「ルプルプ Wフコイダン」と「海洋深層水」という海由来の美髪成分配合したヘアカラートリートメント【LpLp】

 

次の項では、白髪の黄ばみの原因につてお話します。

白髪の黄ばみの原因!

白髪の黄ばみの原因は何でしょう?

白髪の黄ばみの原因は、髪の色素が抜け切っていいない状態で、髪の色素が残っているため、白髪が黄ばんで見えるのです。

最近では、全部白髪にしたい、シルバーヘアやグレーヘアが人気です。

しかし、今まで染めていた人が、いきなり白髪ヘアになるのは抵抗あるでしょう

そこで、次の項で、染めるのをやめ、白髪ヘアに移行していくにはどうすればいいのかについてお話します。

染めるのをやめ白髪ヘアに移行していくには!

染めるのをやめ、白髪ヘアに移行していく、最適方法についてお話します。

やはり、いきなり白髪ヘアーは抵抗あるでしょう。

 

では、どうすれば、抵抗なく白髪ヘアになれるのでしょうか?

 

まず、白髪染めをする際の髪の色を、少しずつ明るくしていきます。

そうすることで、周りも、自身も、目がだんだん明るい色に慣れてきます。

慣れてきたら、ヘアマニキュアに替え、最終的には何もしなく、白髪ヘアに移行していくのです。

 

1年くらいかけて段階を踏んでいくといいでしょう。

 

ヘアマニキュアに替えるまでの白髪染めでおすすめなのが、ヘアカラートリートです。

ヘアカラートリートは、毎日少しづつ染まっていくので、周りに気付かれにくく、自然な髪色へと導いてくれます。

おすすめのヘアカラートリートはこちら→ガゴメ昆布から抽出した「ルプルプ Wフコイダン」と「海洋深層水」という海由来の美髪成分配合したヘアカラートリートメント【LpLp】

  • LINEで送る